Vラインの脱毛は子宮に影響するのか

下腹部には女性にとって大切な子宮があり、Vラインの脱毛をして子宮に影響がないか心配になりませんか。Vライン脱毛は子宮に影響を与えるのでしょうか。

 

光脱毛やレーザー脱毛はメラニンに反応する光を使用していて、光を照射すると毛のメラニンに反応して、光の熱エネルギーが吸収されて処理されます。光は毛にだけ作用するものなので、肌に影響はありません。肌の奥深くに光が入り込むこともないので、子宮に影響しません。紫外線や赤外線は含んでいません。

 

子宮に影響しないのに、なぜ妊娠中は脱毛できないのか疑問に感じませんか。脱毛できないのはホルモンが関係しています。妊娠中はホルモンバランスの影響で、脱毛の効果が減少するため脱毛できないのです。脱毛中に陣痛が起きたりしても困ってしまうので脱毛を断っています。脱毛は子宮や胎児に影響を与えるのではないので、安心してください。

 

Vラインの脱毛は自分で行うこともできます。光脱毛やレーザー脱毛は子宮への影響はありませんが、気になる方は自己処理をするのもよいでしょう。デリケートな部位なので気をつけてください。シェーバーで脱毛すると毛の洗顔が尖ってチクチクしますが、ヒートカッターなら毛先が丸くなるのでチクチクしません。