脱毛って本当に面倒

暖かい季節になると、憂鬱な気持ちになってしまいます。

 

その原因はムダ毛の処理をしなけばならないからです。

 

寒い時期には、洋服で隠せた脇の下や脚も、夏になればそうはいきません。

 

どうしてムダ毛って、抜いても剃っても、ずっと生え続けるんでしょうか。

 

むしろ、以前よりもムダ毛が濃くなっているような錯覚さえ感じます。

 

思えば、私のムダ毛処理人生も長いもので、一番最初は、小学校高学年の頃でした。

 

一度気になりだすと、少しでも生えてくると気になって仕方がなくなり、頻繁にお風呂場で剃刀を使っていた事を思い出します。

 

それからは、毛抜きや脱色クリーム、ワックスと売られている脱毛商品は、一通り試してきましたが、どれもやはり、根本的な脱毛にはならないんですよね。

 

社会人になってから、当時ちょっとした人気だった、高周波を使った家庭用脱毛器を購入したこともありました。

 

しかし、元々細かい作業が嫌いな私にとって、ムダ毛を一本ずつ挟んで抜くという行為は、拷問に等しく、すぐに止めてしまいました。

 

今は、ほぼカミソリですが、肌はボロボロになるし、プールや海に行くと肌がヒリヒリするので行くこともできません。今更だけど、脱毛サロンに通う事も検討しています。