妊娠中に脱毛できない理由

妊娠中や授乳中は脱毛を断っている脱毛サロンやクリニックがありますよね。どうして脱毛できないのでしょうか。

 

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが保たれて女性の健康が保たれています。妊娠をすると妊娠を維持するためにプロゲステロンが多くなります。

 

プロゲステロンが増えると毛が増えることがあり、プロゲステロンが増えている妊娠中に脱毛をしても脱毛効果が低いため、妊娠中の脱毛を断っています。脱毛に使用する光は毛にだけ作用するもので、子宮や卵巣、母乳などには影響しないのですが、授乳中も脱毛できません。一部の脱毛サロンでは、胸の周りやワキ以外の部位なら授乳中でも脱毛できます。

 

生理中もホルモンバランスの影響で脱毛効果が減少します。VIOライン以外の脱毛なら受けられますが、効果が低いので生理中の脱毛も避けた方がよいです。

 

脱毛を再開できるのは、生理が2回以上起こってからです。定期的に生理があれば健康な体に回復しているので、脱毛を受けても大丈夫です。

 

妊娠中にムダ毛が気になることがあると思います。気になるときはカミソリで処理してください。カミソリなら体への影響がありません。除毛クリームは薬剤を使用していて臭いも気になるので、妊娠中は使用しない方がよいでしょう。